♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
火群のごとく
火群(ほむら)のごとく火群(ほむら)のごとく
(2010/05)
あさの あつこ

商品詳細を見る


火群と書いて「ほむら」と読みます。
評判のよい小説らしいので、期待も大きく読みました。
 
 
おっと、時代小説だったのね、
と、相変わらず何の準備もなくページを開きます。

時代は・・・江戸時代・・・大ざっぱですみません。
14歳の士族の男子4人が登場する青春小説、すなわち

「バッテリー」をムリムリ江戸時代に置き換えていただければ
オッケーかと思います。乱暴だけど。

もちろん14歳といっても、15歳で立派な大人の時代なので
早くも遊郭に出入りしたりする者もいるんですが、

全体的には真っ直ぐで爽やかで、人生の理想を追う
多感な少年たちの友情と成長の物語です。
そのあたりが評価されるとこなのかなと。

しかし、あえてケチをつけると
私はどうも全体的にアンバランスな感じがしてしまいました。

というのは、このところ、けっこう時代小説を読んでいて、
それらは男性的視点で力強く書かれたものが多く、

斬り合うシーンとか、それぞれに流儀や構えがあって
きっちり様式美をとらえたエンタテインメントとして
描かれるのが見所でもあるのです。

この本はどうも、全体的に女性的なイメージが漂うのが気になりました。

タイトルからわかるとおり、地の文も非常に繊細な言葉を選んで
自然描写が美しく書かれていて、それに感嘆すべきなんでしょうが
どこか鼻につく感じがしないでもない。

・・・などとあれこれの違和感の理由は、
最初に青春小説とは書いたけれど、
これって基本的にミステリなんですよ。

始めに主人公の兄の惨殺事件があって、その犯人と
背景にある政治的陰謀を解き明かしていく、というのが主題なんで、
そっちの詰めがどうにも弱く、犯人がわかったところで
すっきりしないというか、物足りないんです。

斬新な設定だけど、盛り込みすぎたかな、という感じ。

と、いろいろ書いたけど、あさのさんらしい
好もしい少年たちの小説なので、読んで損はないと思います。

ブックオフオンライン 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/145-c1f008c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)