♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
女騎手
女騎手女騎手
(2010/09/25)
蓮見 恭子

商品詳細を見る


「第30回横溝正史ミステリ大賞」優秀賞受賞作です。

この表紙、このタイトル、
これはもう
和製&女流ディック・フランシス
を期待して、読んでみましたが。

 
 
え~と、結論からいうと、ミステリとしてはイマイチです。
というか、小説としてもイマイチです(失礼)。

が、和製&女流ディック・フランシス には違いないのです。

西日本にある中央競馬の調教拠点、栗東を舞台に
とある厩舎で起きた調教師暴行(殺人未遂?)事件の謎を
数少ない女騎手である主人公が解いていく、というもので、

創作の前提として、やはりディック・フランシスを意識して
書かれたものらしく、それが文中にも出てきますが、
何より競馬に関わる人々の生活実態が事細かに描かれていて、
それは大変興味深かったです。

が、巻末の選考委員の論評にもあるように、
馬は魅力的なのに、人に魅力がない。

登場人物のキャラが どれも立ってないというか、
なぜそのように感情が行き交うのか、心理描写が足りないというか、
これだけの素材が揃っているのに、もどかしい気がしました。

それでも、ディック・フランシスファンの私としては
こういう世界の小説は嬉しかったです。
もう新作が読めないんだなあ、と残念に思っていたので。

作家の方は、主婦であり事務員らしいですが
大変な競馬ファンとのことで、もちょっと練った構成での
次回作に期待したいです。


ブックオフオンライン 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
ジョッキーの事情
名古屋だったか京都かの女騎手が訴訟を起こす

「教官から服を脱がなければ教えないと言われた」

女のくせにという男尊女卑の男社会が厩舎であるようで

訴訟はどうなったかな。

女をはだかにして…させてないと嫌がらせという話し
[2010/12/05 23:28] URL | 名古屋競馬場 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/144-291e698e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)