♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
ドラマでも話題の「フリーター、家を買う。」
フリーター、家を買う

嵐の二宮くん主演の、ドラマ「フリーター、家を買う。」の原作です。

有川浩さんの作品を読むのは2つめ。
「阪急電車」を少し前に読みました。

男性のような名前だけど、女性作家って流行りですか?
桜庭一樹さんもそうだし、
「茗荷谷の猫」の木内昇さんなんて、
読まなければ男性だと思ってたと思う。


さて、「フリーター、家を買う。」ですが、やっぱりドラマと比べてしまいますね。

ドラマの方がわかりやすい作りっていうか、
へこむところも、盛り上がるところも1.4倍くらいに強調されている感じ。
どちらがいいということではなく、それぞれのメディアの特性なのでしょう。

主人公の誠治くん、最初はだめだめフリーターですが、
途中からスーパー会社員に変身します。
小説でもスーパーなのですから、1.4倍増しのドラマでは
どんなにすごいことになるのか、ちょっと楽しみ。

例によって、主人公より、年齢的に近いそのご両親に親しみを感じてしまう私。
20年分のいろんなストレスから心の病にかかってしまうお母さんより、
自分だけがかわいくて、家族からもご近所からも嫌われているお父さんの方が
ずっと気になる存在だったのは、自分がおじさん化したおばさんだからかな?
嫌だわ。

ちょっとプライドをくすぐってあげると、あっさりいいお父さん顔しちゃう
あまりの単純さに「これはないでしょ」と思うものの、
エンディングでは涙がころんとこぼれ落ち、安心して最後のページを閉じました。

きっとドラマの最終回でも泣くんだよ、私。


フリーター、家を買う。フリーター、家を買う。
(2009/08)
有川 浩

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/138-b3fcd01b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)