♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
■鋼鉄の騎士 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)


■鋼鉄の騎士〈上〉 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)
手間が掛かっていて良い感じ(^_^)物語の立ち上がりが遅いかもだけど。1936年ヒットラーとスターリンの時代、パリが舞台。主人公は千代延義正21歳。フォーミュラレースを観戦した縁で、レーサーを志す。父千代延宗平は子爵、フランス駐在武官。戦争の予感漂うパリで諜報戦の渦中にある。父子の二つ糸で編まれて一つの物語。当時のファシズムとプロレタリア、資本主義と共産主義の気分もそれぞれに腑に落ちる感じがとても良い。同時期を描いた「旅愁」を読んで間もないことに、ホクホクと得をした気分になりながら下巻へ\( ˆoˆ )/
読了日:07月21日 著者:藤田 宜永

■鋼鉄の騎士〈下〉 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)
良品(^_^)仕掛けが大きいせいかテンポが良いとは言えないけど、通して惹きつけてくれるものがある。登場人物が善でもなく悪でもなく渾然と描かれているのが印象的。主人公千代延義正のどこか人を惹きつける、うまく言葉にならない人となりが秀逸♪( ´▽`)下巻は主人公千代延義正がレースを目指しながら、諜報戦にも巻き込まれていく展開。マシンは黒のブガッティT59。義正の乾坤一擲のレースの地、南仏ポーに因縁浅からぬ登場人物達が集う。良い青春小説でした(^。^)
読了日:07月28日 著者:藤田 宜永

☆ken_sakuraの2017年7月の読書メーター → コチラ
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:2358ページ

その他の本は↓
■振り返れば地平線
とても爽やか\( ˆoˆ )/八月の北海道、苫小牧から中標津の開陽台へバイクツーリング小説。主人公は松崎久志(ホンダXL500S)、相棒は平田慎平(カワサキ750RS)、トラブルから救った縁で加わる森泉涼子(ヤマハXJ400D)。久志は大卒社会人一年生。六年前にしたバイク仲間達との約束「いつか開陽台で月を見よう」の下、北海道へ。ラストはどっちでしょ?私にはどっちでもハッピーエンド(^。^)後日譚的短編(登場人物は違う)「ラストラン」の「いつか風が見ていた」を思い出した。おもしろ本棚の先輩に薦めて頂いた本
読了日:07月06日 著者:佐々木 譲

■忍者丹波大介 (新潮文庫)
なかなか良かった(^_^)時は豊臣秀吉死去から関ヶ原まで。信義に寄って武田信玄に仕えた甲賀忍者の父柏木甚十郎に武蔵国丹波の地で育てられた丹波大介。父の死後、叔母の頼りで甲賀忍者に加わるが・・・。戦国の時代が終わる予感、利に加速する忍者の世界にあって、情と義理を秘めた大介の先行き。敗れて死に行く者への著者の目線が良かった。叔母の笹江がお気に入り(^。^)
読了日:07月13日 著者:池波 正太郎



スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/1033-717ae9f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)