♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『不時着する流星たち』
fujード

「本の旅人」に連載されていた、
小川洋子さんの、とても趣向を凝らした短編集です。

装丁もおしゃれですが、それにもまして文章に小川洋子さんならではの上質感があり、
これはぐっどぐっど。
 
10篇の短編には、それぞれモチーフがあります。
脚の短い椅子に座って腰を丸めて演奏した、ピアニストのグレン・グールド。
カタツムリを偏愛して300匹あまり飼っていた小説家のパトリシア・ハイスミス。
10万枚もの写真のネガを一度も発表することなく、保母にして死後写真家となったヴィヴィアン・マイヤー。
7人の男と8度の結婚・離婚を繰り返したエリザベス・テイラー。

などなど、いっぷう変わった世界の著名人や、印象的な歴史上の小事件を題材に、作者が繰り広げる創造の世界から生まれた物語ばかりが集められています。

10の個性的なお話に登場する人物は、誰も皆ひっそりとした孤独を抱えていて、知らず知らずのうちに心の安定を欠き、いわゆる「普通」という道があるとすれば、そこからどんどん逸れていってしまう人ばかりです。

初めはその違和感をどうしたものかと考えながら読んでいたのですが、一つひとつのお話が進むにつれ、作者の持つ独特の世界観に取り込まれていくような気がしました。

何かが欠落したひとびとの一生懸命生きるさまが純粋で美しく、ともすれば狂気に導かれるような危うさの中で、しっとりと心に染み入る物語が完全な形でそろったという感じです。

小川洋子さんの力を、まざまざと見せつけられるような短編集でした。
これはオススメでございます。



スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/1019-00b41d0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)