♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
「サンドリーヌ裁判」 トマス・H・クック
サンド


どんな話か知らず、クックの新作、というだけで読み始めました。
よかったです。さすがクック。
読後、いいもの読んだなあ、と思えます。
 
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

アラサー女性3人の1年間「虹色と幸運」。
虹色と幸運
柴崎友香 著 筑摩書房

久しぶりの柴崎友香さん。
物語で読ませるタイプじゃない。
淡々とした時間の流れを無造作に投げ出してみせて、
登場人物と一緒にその時間を過ごしたような気持ちにしてくれる、
そういう作風はずっと変わらない。

アラサーの元同級生3人。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『ザ・ドロップ』
drop題

またもクライム・ノワールですが、

いい!
デニス・ルへインは文句なしにいい!!
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『悪意の波紋』
akuma.png

フレンチ・ミステリです。

フレンチ・ミステリってなんだ?と思いつつ
読みましたが、確かにアメリカでもイギリスでも北欧でもない
全体的にエスプリの効いた、とか言っちゃうと
これまた「何それ?」て感じなんですけど、
独特の雰囲気を持ったお話でありました。
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

ノルウェーミステリー『凍える街』。
25705.jpg
創元推理文庫
アンネ・ホルト (著) 枇谷 玲子 (翻訳)

北欧ミステリーブームに乗って
『ミレニアム』『湿地』などを読みました。
そして、今回はノルウェーのアンネ・ホルト。

著者は検察官、ニュースキャスター、弁護士を経て作家デビュー。
さらに法務大臣まで務めてしまったという超才媛。

この作品はオスロ市警の警部ハンネ・ヴィルヘルムセンのシリーズ7作目。
30カ国語以上に翻訳されて、700万部を売り上げたとか。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

藤谷治『全員少年探偵団』(ポプラ社)
全

Amazonで詳細を見る

小学校の頃に学校図書館を利用していた皆さんなら誰もが一度は手にしたことがあるのではないでしょうか、ポプラ社版の江戸川乱歩「少年探偵団シリーズ」。怪人二十面相を相手に、名探偵明智小五郎を助けて大活躍する小林少年を団長とする少年探偵団。『妖怪博士』『青銅の魔人』『怪奇四十面相』など、懐かしく思われる人も多いことでしょう。たしか雑誌『少年』にも連載されていて、夏休みと正月だけに買ってもらえたときには、他のマンガと同じように大喜びで読んだものでした。当時、東京は多摩のハズレに住んでいた僕の周囲には、怪人二十面相をが潜んでいそうな場所がいたるところにありました。神社や古寺、墓場を言うまでもなく、芋の貯蔵庫になっている防空壕、打ち捨てられた廃屋、首吊り事件の松がある沼、昼でも人気のない焼き場(火葬場)、きちがい女が住んでいる大きな家……子どもだった僕にとって、乱歩の描く少年探偵団の世界は、けっして作り物の世界ではなかったのです。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『後妻業』
後妻

昨年『破門』で直木賞を受賞された黒川さん。
こちらも昨年出された小説ですが、

結婚相談所で知り合った金持ち独居老人を
次々とモノにして殺め、合法的?に資産を奪う女を
描いたもので、その後実際に同じような事件が起きたことで
さらに注目を浴びることになった作品です。
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『ゴーストマン 時限紙幣』
時限

24歳でこんな凄い小説が書けちゃうのか―!!
こういう天才がいて、それを発掘できる編集者がいるって
やっぱりアメリカは凄い。

これはアメリカとマレーシアを舞台にした
巨額の現金強盗事件を描く壮大なノワール小説です。
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

華岡青洲の妻 (新潮文庫)


有名に負けない面白さと思いました。華岡青洲の妻と母を描いた時代小説。最後はため息が出ました(大満足)有吉佐和子にしては短く、230ページ程。取捨の上手さを強く感じました。始まりと終わりの良さは安定と信頼。有吉佐和子の10冊目。どれも面白く褒め疲れた(絶賛)読んでいない著書に、まだ沢山の期待を出来る感じが最高です♪( ´▽`)

読了日:4月24日 著者:有吉佐和子

☆ken_sakuraの2015年4月の読書メーター → コチラ
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2773ページ

その他の本は↓
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学