♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
じんわり本『マルセロ・イン・ザ・リアルワールド』。
マルセロ・イン・ザ・リアルワールド (STAMP BOOKS)マルセロ・イン・ザ・リアルワールド (STAMP BOOKS)
(2013/03/23)
フランシスコ・X.ストーク

商品詳細を見る


岩波書店のSTAMP BOOKSシリーズの一冊。
ヤングアダルト向けの作品が、
海外からエアメールのように届くというシリーズです。

マルセロは自閉症スペクトラムの一つ、
アスペルガーと呼ぶのが一番近い障がいがあります。
社会的関係を築くのが苦手で、
何かに強いこだわりを持つのがその特徴いわれる
アスペルガー症候群。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『新編 銀河鉄道の夜 』
新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)
(1989/06/19)
宮沢 賢治

商品詳細を見る


読書会の課題本が、この小説を題材にしていて
サブテキストのつもりで読みなおしてみました。

子どものころに読んで、すっかり忘れていたので、
というか、
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

フェリックス初の一人作品『強襲』。
強襲 (新・競馬シリーズ)強襲 (新・競馬シリーズ)
(2015/01/24)
フェリックス・フランシス

商品詳細を見る


フェリックス・フランシス、
嫌っていうほど使われている枕詞だろうけど、
ディック・フランシスの次男です。

40年にわたって「競馬シリーズ」のリサーチャーを務め、
『祝宴』以降の4作品はお父さんと共著でした。
そしてこの『強襲』がフェリックス一人の名前での最初の作品。
「新・競馬シリーズ」とシリーズ名も微妙に新しくなりました。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『禁忌』
禁忌禁忌
(2015/01/10)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る


シーラッハの作品を読むのは初めてですが、
本屋大賞の外国文学部門受賞と聞いて。
これまでの作風とは違う、異色の作品のようです。
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『宰相A』
宰相A宰相A
(2015/02/27)
田中 慎弥

商品詳細を見る


『共喰い』以来の田中慎弥さん。
オーソドックスな純文学の旗手として注目していたので
どんな作品かなーと期待してページを開いたのですが、
これはまた新規分野の開拓?なハナシなのでした。
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『元気で大きいアメリカの赤ちゃん』
元気で大きいアメリカの赤ちゃん元気で大きいアメリカの赤ちゃん
(2015/02/07)
ジュディ バドニッツ

商品詳細を見る


表紙絵のインパクトで手にした本でしたが、
これはとても巧妙に描かれた幻想文学。
岸本佐知子さんの訳で、12の短編が収められています。
 
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

勇士は還らず (文春文庫)
勇士は還らず (文春文庫)勇士は還らず (文春文庫)
(2011/08/04)
佐々木 譲

商品詳細を見る


高校で出会い、強い友情を保って40代にある男女6人、その1人が殺害されて幕を上げる再青春小説兼ミステリー。二つの大筋を並行させて面白い小説なのは、解説でも触れられていたように秀逸だった。再青春小説のパートは、妙にしっくりしていて、著者はこの小説の登場人物達と同じ様な友人関係を持って、同じぐらいの歳の時に書いたのかな?などと思いながら読んだ。ミステリーパートのマルチネス刑事のキャラクターは、再登板をお願いしたいくらい好き。痩せなくて良い(笑)著者の本は6冊目。とても魅力的な作家だと思い始めている。

☆ken_sakuraの2015年3月の読書メーター → コチラ
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:2152ページ

その他の本は↓

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学