♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『首折り男のための協奏曲』
首折り男のための協奏曲首折り男のための協奏曲
(2014/01/31)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


一瞬にして、狙う相手の首を折る非情な殺人鬼の男と
怪しげな探偵の黒澤が入れ替わり登場する7篇の短編集ですが、
ものすごく洗練された構成で、ヤられた感満載の、

はいっ! 今年のBest本更新ですよ!

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『聖なる怠け者の冒険』
聖なる怠け者の冒険聖なる怠け者の冒険
(2013/05/21)
森見 登美彦

商品詳細を見る


ちょっと昔、森見さんと万城目さんのスタート位置は
とてもよく似ていた気がしたものでしたが、万城目さんは試行錯誤の末に
よりビッグなエンタメ狙い路線に進み、『とっぴんぱらり・・』という
新境地での傑作も誕生して、ポジションが変わってきました。

一方の森見さんは立ち位置をあまり変えず、京都を核にした
インテリ臭の濃いファンタジックなコメディを次々と発表されてますね。
 
この作品も、まさにその一つ。
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

待っていたー「太陽の棘」。
太陽の棘(とげ)太陽の棘(とげ)
(2014/04/21)
原田 マハ

商品詳細を見る


「総理の夫」を読みながら、これもいいけど、
原田マハさんの美術小説がもっと読みたいと言っていたら、
新しい本が出ました。

太平洋戦争終結直後の沖縄を舞台にした、
沖縄の若き画家たちと同じように若い米軍軍医エドとの交流を描いた長編です。

これは読まなくては!

続きを読む
一生ものの読書「ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅」。
ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅
(2013/08/27)
レイチェル・ジョイス

商品詳細を見る


読むきっかけは「本屋大賞」でした。
大賞は図書館では当分手に入らないし、ままりんが感想書いたし、
じゃあ何を読もうかな、と思って迷って、
翻訳部門第2位のこれに決めました。
単純に、ここで見るまで聞いたことがない本だったから。

結果的には大正解。本屋大賞に感謝です。

続きを読む
『注文の多い注文書』
注文の多い注文書 (単行本)注文の多い注文書 (単行本)
(2014/01/23)
小川 洋子、クラフトエヴィング商會 他

商品詳細を見る


外見も中身もとても凝ったつくりの本で、
本が好きな人ならば、とても心惹かれる本だと思うのです。

ある種のベスト、です。これも。うん。
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「領主館の花嫁たち」クリスチアナ・ブランド
領主館の花嫁たち領主館の花嫁たち
(2014/02/21)
クリスチアナ・ブランド

商品詳細を見る


以前のように、新刊ミステリの書評をチェックして、おもしろそうなら即、読む! 
ということはあまりなくなりましたが、クリスチアナ・ブランドの最後の長編、
で書評もそこそこ、となれば、読みたくなります。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

谷甲州『星を創る者たち』(河出書房新社)
星を創る者たち (NOVAコレクション)星を創る者たち (NOVAコレクション)
(2013/12/06)
谷甲州

商品詳細を見る


久しぶりに和製ハードSF小説の醍醐味を堪能しました。

人類が太陽系全域に進出している近未来を舞台に、月や惑星で困難な工事を請け負っ
ている技術者たちを主人公にした連作です。70年代に僕が読みふけった光瀬龍の〈宇
宙年代記シリーズ〉にも似た設定ですが、谷甲州が描く技術者たちは、何と言うので
しょうか、もっとサラリーマン的な技術者で、例えば昭和時代に黒四ダムや青函トン
ネルの工事に従事した人々のような感じなのです。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間』
福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間
(2013/10/23)
ハッピー

商品詳細を見る


ハッピーさんは、20年以上にわたって各地の原発で
専門的な作業に従事してきた方で、3.11の震災時には
福島第一原発の1号機にいました。

以後、収束作業に携わりながらTwitterを続けるうちにフォロワーが
何万人にもなり、一連の記録としてまとめられたのがこの本です。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『村上海賊の娘』
村上海賊の娘 上巻村上海賊の娘 上巻
(2013/10/22)
和田 竜

商品詳細を見る


超話題の、本屋大賞のご本。
実は『のぼうの城』がイマイッチョだったワタクシ、
遅ればせながら感を持ちつつも、上下巻のボリュームにめげず、
がっつり挑戦いたしました。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

意地悪ですてき「バン、バン!はい死んだ」。
バン、バン! はい死んだ: ミュリエル・スパーク傑作短篇集バン、バン! はい死んだ: ミュリエル・スパーク傑作短篇集
(2013/11/06)
ミュリエル・スパーク

商品詳細を見る


2006年に88歳で亡くなった、スコットランド出身の小説家
ミリュエル・スパークの短編集です。

ミステリーあり、ホラーあり、SFめいた短編もあり、
ラブロマンスもありのバラエティーに富んだ15編が収録されていて、
「技のデパート」という現役時代の舞の海さんの呼び名が
思わず頭に浮かびました。

続きを読む