♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『秘密』
秘密 上 秘密 上 
(2013/12/21)
ケイト・モートン

商品詳細を見る


『リヴァトン館』 そして 『忘れられた花園』 と、
いずれも大変おもしろかったモートンさんの新作ですが、
予想通り、もーぐいぐいと読み進んでしまいました。
 

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

祝・とうとう直木賞受賞「昭和の犬」。
昭和の犬昭和の犬
(2013/09/12)
姫野 カオルコ

商品詳細を見る


姫野カオルコさんの小説が好きでした。
ずっと、直木賞を取ってほしいと思っていました。

やっとやっとこの作品で受賞したので
喜び勇んで読みました……ら、おもしろくないの。
でもね、

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『英子の森』
英子の森英子の森
(2014/02/10)
松田 青子

商品詳細を見る


『スタッキング可能』が鮮烈な印象を与えた
松田青子さん。あおこさん、と読むのね。

単行本の画像をUPしましたが、
私は雑誌『文藝』の方で読みました。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

ミスター・ユニオン『ハーフマニア』(社会評論社)
ハーフマニア―日本の有名人の混血をカリカチュアで大紹介!ハーフマニア―日本の有名人の混血をカリカチュアで大紹介!
(2013/12)
ミスターユニオシ、ドローイングスタジオマネジメント 他

商品詳細を見る


こんな本が書店の棚に並んでいるなんて、とびっくりするトンデモ本を手にする機会
を得ました。「日本の有名人の混血をカリカチュアで大紹介」(本書のキャッチコ
ピー)した、一種キワモノ的な内容の本です。大体にして著者のミスター・ユニオン
という名前からして胡散臭い。奥付の著者紹介を読んでみると、マスコミ業界を流れ
歩いたあげく、その多彩な趣味から「オタク」「雑学王」と人に呼ばれるようになっ
たそうです。一言で言って、まあ、アヤシイおっさんでしょう。それ以上にヤバイの
ではと思わせるのが本書の扱っている内容。芸能人やアスリートなどだれでも知って
いるような有名人のルーツを探り、ハーフであることをバラしているのですから。ま
あ、芸能人にはプライバシーは無いと言われていますし、実際、彼らは交際・結婚・
離婚・出産・家族問題などあらゆるプライバシーを売り物にしていますから、出自を
売り物にするくらい何でもないのでしょう。おそらくはそうしたコンセプトで活動を
しているであろう有名人ひとりひとりを、異形とすら思えるような極端にデフォルメ
したイラストで描き、両親の出自を明記しています。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

去年の本だけど、今年のベストだ!「冬虫夏草」。
冬虫夏草冬虫夏草
(2013/10/31)
梨木 香歩

商品詳細を見る


「家守綺譚」の続編と聞けば、読まないわけにはいきません。
そして、期待は裏切られることがなかったばかりか、
あらゆるものの境界線があいまいになってしまう
梨木ワールドの醍醐味をみっちり味わわせていただきました。

今年(読んだ中で)のベストです!
大きな声で言っちゃいます。
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『アズミ・ハルコは行方不明』
アズミ・ハルコは行方不明アズミ・ハルコは行方不明
(2014/01/22)
山内マリコ

商品詳細を見る


『ここは退屈迎えに来て』(リンク) でぐぐっと来た
山内マリコさんの、ワタクシ的には超期待!の新作です。

あえて「ワタクシ的」とことわったのは、
 

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

じんわりしみてくる「ことり」。
ことりことり
(2012/11/07)
小川 洋子

商品詳細を見る


昨年夏、例会の帰り道にK講師が
「『ことり』、いいよ」と教えてくださいました。

図書館で借り、途中で期限が来てしまい、
先のストーリーを気にしつつ返却。
すぐ再予約を入れ、やっと読み終えることができました。

冒頭、一軒の家で鳥かごを抱えた老人の死体がみつかります。
でも、ミステリーじゃない。

小川洋子さんですから、不思議なこと、ちょっと怖いことが
ちりばめられてはいるものの、
基本的には穏やかでほんわかした小説です。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『鶏のプラム煮』
鶏のプラム煮 (ShoPro Books)鶏のプラム煮 (ShoPro Books)
(2012/02/21)
マルジャン・サトラピ

商品詳細を見る


ラストは胸が詰まりました。皆が皆、一番好きな人と付き合えたり、
一緒になれたりするとは限らないのが現実なだけに。

でも、ナーセル・アリやイラーンだけでなく、ナヒードも辛いね。
自分の気持ちと裏腹な言動を取ってしまったり、
周囲の人を自分の思い込みで見てしまったりすることで生じるすれ違いが、
登場人物それぞれの人生に影を落としているのが丁寧に描かれていて、
これって普遍的な話だなと思います。

実は絵はあまり好みではないですし、なかなか重たい話でもありますが、
すごく惹き込まれる作品ではありました。

☆月人壮士の読書メーター
 

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『ゾウと旅した戦争の冬』
ゾウと旅した戦争の冬ゾウと旅した戦争の冬
(2013/12)
マイケル モーパーゴ

商品詳細を見る


「戦火の馬」を代表作とする児童文学作家のモーパーゴさん。
これもヤングアダルト向きに書かれたものですが、
悲惨な戦争を潜り抜けた善良な人びとの
ささやかな希望と愛情に満ちた、とても感動的な物語で
帰宅途中の電車の中で、ひとり胸をじんとさせておりました。
 

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学