♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『ハピネス』
ハピネスハピネス
(2013/02/07)
桐野 夏生

商品詳細を見る


仕事場の近くに名門私立幼稚園がある。
登園時には、品の良い若いお母様方がそれぞれに
我が子の手を取って、守衛さんに「ご機嫌よう」と
会釈しながら狭い門をくぐり抜ける姿に出会う。

それを見るたび、大変なんだろうなあと思うのです。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『流星ひとつ』
流星ひとつ流星ひとつ
(2013/10/11)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


藤圭子さんが、かつて28歳で引退発表をしたころに
沢木耕太郎さんが単独でインタビューして書きためた作品です。

そのときは周囲への影響を慮り、結局沢木さんの判断でお蔵入りにしたものが、
藤さんの非業の死によって、あらためて世に送り出されることになったそう。
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『死神の浮力』
死神の浮力死神の浮力
(2013/07/30)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


前作にあたる『死神の精度』を読んではいないのですが、
暮れも押し迫った この期に及んで

マイベスト更新ですよ♪
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

J.アーチャーの新しいサーガ「時のみぞ知る」。
時のみぞ知る(上): クリフトン年代記 第1部 (新潮文庫)時のみぞ知る(上): クリフトン年代記 第1部 (新潮文庫)
(2013/04/27)
ジェフリー アーチャー

商品詳細を見る



時のみぞ知る(下): クリフトン年代記 第1部 (新潮文庫)時のみぞ知る(下): クリフトン年代記 第1部 (新潮文庫)
(2013/04/27)
ジェフリー アーチャー

商品詳細を見る


1920年、イギリスの港町ブリストルで貧しい家庭に生まれた少年ハリー。
意外な才能を見いだされた彼が、周囲の人々の理解と助けを得て大学まで進み、
災難やいじめに遭いながらもしっかりと正義感にあふれる大人に成長していく物語です。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『とっぴんぱらりの風太郎』
とっぴんぱらりの風太郎とっぴんぱらりの風太郎
(2013/09/28)
万城目 学

商品詳細を見る


暮れも押し迫った今になって、
やっと、やっときました。

今年のマイベストです!!

750ページ弱の大巨編、
感動の戦国ファンタジーです!!
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『ペコロスの母に会いに行く』 
ペコロスの母に会いに行く  映画パンフレット 監督 森崎東 キャスト 岩松了赤木春恵 加瀬亮、竹中直人、大和田健介原田知世原田貴和子ペコロスの母に会いに行く  映画パンフレット 監督 森崎東 キャスト 岩松了赤木春恵 加瀬亮、竹中直人、大和田健介原田知世原田貴和子
()
不明

商品詳細を見る


★公式サイト=こちら

赤木春江は満州の引揚者だというが、幼少のころ、九州のどこかで暮らしていたのだろうか。
彼女の第一声を聞いて、そのあまりに自然な長崎弁のイントネーションに驚いた。
「ゆーいち〜。ネズミ捕りば踏んだ〜。」
 
続きを読む

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

『去年の冬、きみと別れ』
去年の冬、きみと別れ去年の冬、きみと別れ
(2013/09/26)
中村 文則

商品詳細を見る


発表されたばかりの『週刊文春』傑作ミステリで
国内部門第8位。

ふうん。ミステリ、え?ミステリなんだ。
と思って読み始めた中村さんの新作。
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『黒警』
黒警黒警
(2013/09/06)
月村了衛

商品詳細を見る


見た目どおりの警察小説。
いわゆるこのテの作品は、とことんディテールに
凝ってるものが多いのですが、そうでないってとこが
むしろ特徴的で読みやすく、楽しめる一冊でした。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『工場』
工場工場
(2013/03/29)
小山田 浩子

商品詳細を見る


新潮新人賞受賞で話題になった表題作。
先に雑誌で読んでた短編『穴』の不可思議な世界観が面白く、
さかのぼって読んでみました。

「工場」とは、チャーリーのチョコレート工場みたいに
その街にでんと存在する、得体の知れない工場で、
まるで豊田市におけるTOYOTAのように
圧倒的な支配力を持った、大企業の工場なのです。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

マリアビートル (角川文庫)
マリアビートル (角川文庫)マリアビートル (角川文庫)
(2013/09/25)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


とても面白かった。蜜柑と檸檬、天道虫のパートは可笑しくて、
電車の中なのに読みながら笑ってしまった。
蜜柑が檸檬から読み掛けの本を見付ける場面はグッときた。

☆ken_sakuraの2013年11月の読書メーター → コチラ

    読んだ本の数:7冊
    読んだページ数:2584ページ
 

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学