♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『愛に乱暴』
愛に乱暴愛に乱暴
(2013/05/22)
吉田 修一

商品詳細を見る


『愛の乱暴』を『愛に乱暴』に改題しての単行本化だそう。
あまりにもジャンルが多彩すぎて一体どこへ向かうのかわからない気もする吉田修一さんの新作は、

旦那にセックスしている女がいるのと、体の関係はないけれども
考えただけでせつなくなるほど会いたいと思っている女がいた場合、どっちが悔しいか


そんなセリフが1ページめから登場する
   妻 vs 愛人
   嫁 vs 姑

の、まさに嫉妬と狂気の愛憎劇なのです。

いやー凄すぎる。
 
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『人間らしく』
新潮 2013年 01月号 [雑誌]新潮 2013年 01月号 [雑誌]
(2012/12/07)
不明

商品詳細を見る


芥川賞候補になった『すっぽん心中』を読もうと思って
図書館でバックナンバーを借りたんですけど、

伊坂幸太郎、石田千、西村賢太、津村記久子、絲山秋子、
中村文則、佐藤友哉•••などなど今を時めく各氏の短編が
掲載されてて、ランダムに読み比べることになったのです。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『ここは退屈迎えに来て』
ここは退屈迎えに来てここは退屈迎えに来て
(2012/08/24)
山内 マリコ

商品詳細を見る


ハイ! 今年のベストです!

なんでしょう、この肌が合う感じ。
とことんとん。
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

怖かった「爪と目」。
爪と目爪と目
(2013/07/26)
藤野 可織

商品詳細を見る


話題の芥川賞受賞作品(単行本は7/26発売)。
「新潮」4月号で読みました。

父親の不倫相手である「あなた」に向かって書いている
(とは書いてないけど、「あなた」というのは呼びかける
言葉だよね?)「わたし」の一人称小説(と言っていい?)。

その人称が複雑に絡み合う文体が注目されていますけど、
そんなことは小さな問題かも。

読み始めてすぐに、「この人はうまい!」と思いました。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

お金と神様の話「おしかくさま」。
おしかくさまおしかくさま
(2012/11/09)
谷川 直子

商品詳細を見る


離婚後うつ病になり自殺未遂までしてしまった
40代のミナミさんは、
ふとしたきっかけで「おしかくさま」という
お金の神様を信じるおばちゃんたちと知り合い、
ばかにしながら、だんだんハマっていきます。

ミナミさんの両親、妹、姪を含め、
どこか型にはまった価値観の人たちが、
おしかくさまを通じて、お金、神様、
震災、家族などについて、
ちょっと考えてみる、というようなお話です。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『たまさか人形堂それから』
たまさか人形堂それからたまさか人形堂それから
(2013/05/24)
津原 泰水

商品詳細を見る


多彩な作品を書かれる津原さんの今作は、シリーズものの第2作らしいのですが
1作目は読んでいないワタクシも、十二分に楽しめたライトミステリです。
 

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『悪魔と私の微妙な関係』
悪魔と私の微妙な関係悪魔と私の微妙な関係
(2013/06/20)
平山 瑞穂

商品詳細を見る

 
さて平山さんの最新刊。

私にとっては3作め、なんですが
うううーん。。。
 

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『テヘランでロリータを読む』
テヘランでロリータを読むテヘランでロリータを読む
(2006/09)
アーザル ナフィーシー

商品詳細を見る


テヘランで「ロリータ」を読む。
こんなタイトルを聞いて、興味をひかれないわけがない。
しかし、本家本元の『ロリータ』を読む前にこの本に手を出すのも、ちょっとねぇ。

と、いうわけで、ウラディミール・ナボコフの『ロリータ』を読み終えて、ようやく本書を手に取った。
想像していたよりもずっと深刻で、問題意識に溢れた本だった。
そして、私個人にとっては、本読み生活の一つの結び目となるような本でもあった。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『ルドヴィカがいる』
ルドヴィカがいるルドヴィカがいる
(2013/03/13)
平山 瑞穂

商品詳細を見る


『僕の心の埋まらない空洞』で、ぐぐっと惹かれた
平山瑞穂さんの本をもっと読んでみたくなりまして、
今年の春に出たものをまずは読了。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『尾道坂道書店事件簿』
尾道坂道書店事件簿尾道坂道書店事件簿
(2009/02/14)
児玉憲宗

商品詳細を見る


あるときツイッターでフォローしていただいたことがきっかけで
児玉さんの書かれた本を知ることになりました。

広島県に多数の店舗を展開する書店「啓文社」の社員である児玉さんは、
悪性リンパ腫と何度も闘い、車椅子で生活されながら、
啓文社発祥の地である尾道と、本への熱い思いを持ち続ける方です。

これはWeb本の雑誌に連載されていたエッセイが
まとめられた、とても素敵な一冊です。
 

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学