♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『最後のバブルがやってくる』
最後のバブルがやってくる それでも日本が生き残る理由 世界恐慌への序章最後のバブルがやってくる それでも日本が生き残る理由 世界恐慌への序章
(2012/04/26)
岩本 沙弓

商品詳細を見る

 
FX 始める始める、ゆうて半年あまり。

2ヵ月ほど前、『本当にわかる為替相場』という本を読んだら、
世界各国の政治情勢が、為替の力関係に現れるという話が
とーっても面白かったんで、またもそのテの本に触手が伸びました。
これも筆者は、元為替ディーラーの女性です。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

やっぱり中国は深いわ、「さすらう者たち」。
さすらう者たちさすらう者たち
(2010/03/10)
イーユン・リー

商品詳細を見る


中国生まれ、中国育ちの作者が大学卒業後
アメリカに移住し、英語で書いた初の長編小説です。

デビューは2005年に発表された短編集「千年の祈り」。
時代に翻弄される中国人や中国系移民を描き、
その中の数編は映画にもなったそうです
(読んでないし、見ていない。これから読みたい、見たい!)。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント追加 『湿地』
よぴかりさんの『湿地』に
コメント追加しました。
     ↓
    こちら♪
 

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『光圀伝』
光圀伝光圀伝
(2012/09/01)
冲方 丁

商品詳細を見る


圧巻の751ページ。

いやはやエンタメ系と思いきや、かなり重厚な作品で
それなのにページを繰る手が止まらず、一気に読み上げました。

あっさり
本年のマイベスト更新。
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

映画 「桐島、部活やめるってよ 」
桐島、部活やめるってよ   映画パンフレット 監督 吉田大八 キャスト 神木隆之介、橋本愛、大後寿々花桐島、部活やめるってよ  映画パンフレット 監督 吉田大八 キャスト 神木隆之介、橋本愛、大後寿々花
()
ショウゲート

商品詳細を見る

 
なんだかオモシロそうな匂いが 発作的にしたので、
都内の上映がほとんど終わってる今になって
まだ観られるところを探して行ってみました。

いや~。

もの凄くいい映画です。
 
・・・あ、以下、超ネタバレです。
 
続きを読む

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

イヤミスの系譜?「鍵のない夢を見る」。
鍵のない夢を見る鍵のない夢を見る
(2012/05/16)
辻村 深月

商品詳細を見る


今年の上期の直木賞受賞作。
辻村さんの作品は「ぼくのメジャースプーン」以来、
3、4作読んできましたが、
ちょっと今回は路線変更?と感じました。

3回目のノミネートだし、
賞取りの戦略的には「キャパの広さ」みたいな
アピールが必要だったんだろうか…?


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

『太陽は動かない』
太陽は動かない太陽は動かない
(2012/04/25)
吉田 修一

商品詳細を見る

 
本日現在、

ワタクシの 
本年マイベスト本
でございますっっ!!
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント追加→『ふがいない僕は空を見た』
アプリコットさんから、
『ふがいない僕は空を見た』に
コメントをいただきました。
     ↓
    こちら✩
 

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

門田隆将 『太平洋戦争 最後の証言』 全三部作
太平洋戦争 最後の証言 第三部 大和沈没編太平洋戦争 最後の証言 第三部 大和沈没編
(2012/04/19)
門田 隆将

商品詳細を見る

  
第一部「零戦・特攻編」、第二部「陸軍玉砕編」に続く、この「大和沈没編」で、
『太平洋戦争 最後の証言』全三部作が完結した。
アジア・太平洋戦争に従軍し生き残った旧帝国陸海軍の兵士・将校の証言をもとに、
著者がまとめあげた渾身のドキュメントである。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

タイトル通りの読後感「居心地の悪い部屋」。
居心地の悪い部屋居心地の悪い部屋
(2012/03/27)
岸本 佐知子

商品詳細を見る


翻訳者の名前だけで、読む気にさせる
数少ない訳者・岸本佐知子さんのアンソロジー。

居心地の悪い思い、もやもやした読後感の短編
11人の作家による12編が収録されています。
不勉強なわたし、読んだことのある作家は一人もいません。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学