♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
明日は我が身と思って読む「TOKYO 0円ハウス0円生活」
TOKYO0円ハウス0円生活

自営業っていうか、自由業っていうか、
とにかく足場のゆらゆらしたところで生活している自分なので、
路上生活とか、段ボールハウスとかは人ごとではありません。

だから、ついつい手が伸びてしまった「TOKYO 0円ハウス0円生活」。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

切なさに涙! 巨石と猿の恋物語「いちにち8ミリの。」
いちにち8ミリの。

分類すると、やっぱりファンタジーだろうか。
中編1作と短編2作が収載されているが、
どれも、ふんわり不思議ワールドな話だ。

表題作は猿と巨石とからすが会話を交わし、
猿も石も、猿の飼い主美澄ちゃんに恋をしている。
うん、ファンタジーだよね。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

思い込みを心地よく裏切ってくれるミステリー「叫びと祈り」
叫びと祈り

梓崎優さんは注目の大型新人です。
この本は5作の連作短編集ですが、最初に収録されている
「砂漠を走る船の道」はミステリーズ!新人賞の受賞作。

7カ国語を自由にあやつる青年斉木くんが、
世界各国で遭遇する殺人事件や謎を解決していきます。
斉木くんは決して、事件が起きるとしゃしゃり出て来るタイプの名探偵ではなく、
とほほな状況になぜかいつも巻き込まれてしまう、
幸薄い星の下に生まれついているタイプです。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

偏屈老女とキャリア女のべたつかない友情物語「夕映えの道」
夕映えの道

女性誌の有能な編集者ジャンナは、アラフィフになる現在まで、
母親の死にも、夫の死にも、
なんとなくしっかり向き合わないまま、
仕事中心、自分中心に生きてきてしまった。
心の中には、そんな自分に対する後ろめたい気持ちがある。

ある時、薄汚れた姿ながら目の中に凛とした輝きを宿している
老女モーディーと知り合い、
彼女の家に通い、片付けや洗濯や買い物を手伝うようになる。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

ルネサンス/ソノダバンド
ルネサンスルネサンス
(2010/10/20)
ソノダバンド

商品詳細を見る


だいぶ先の販売なので 
まだ画像がありましぇん。。

とあるところで演奏を聴き、
いつか日本の音楽に新風を巻き起こすんではないかいな、と思ってた
驚異のインストゥルメンタル・バンドのメジャーデビューです。
続きを読む

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

フォーチュン氏の楽園
フォーチュン氏の楽園 (20世紀イギリス小説個性派セレクション)フォーチュン氏の楽園 (20世紀イギリス小説個性派セレクション)
(2010/07/24)
シルヴィア・タウンゼンド・ウォーナー

商品詳細を見る


何のインフォメーションも見ず、
ただ「イギリス小説」のセレクションというだけで
手に取った本です。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

また期待の新人女性作家が出現「ふがいない僕は空を見た」
ふがいない

私がカバーしているブログやツイッターで大変評判が高い
「ふがいない僕は空を見た」(窪美澄)。
急いで読んでみました。一気読み。

4編の連作短編ですが、
最初の「ミクマリ」は「女による女のためのR-18文学賞」受賞作品です。
私、この賞の受賞作品って好きな小説が多い。すけべなのかなあ。
ま、それはおいといて。




続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学