♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
江戸時代の数学女子のお話「算法少女」
算法少女

「天地明察」がおもしろかったという話を知り合いとしていたとき、
数年前に読んだ「算法少女」を思い出したよ、と言われて、急いで読んでみました。

江戸時代の算法が得意な町娘の話です。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

本格派の傑作か? バカミスか? 「屍の命題」
屍の命題

最近の本格派ってついてけませんわ~と、遠ざかってるカテゴリーですが、
久しぶりに読んでみました、鮎川哲也賞受賞作家である門前典之の話題作。

吹雪に閉ざされた湖畔の山荘という密室、集められた6人が一人、また一人と殺されていきます。
やがて最後の一人も手記を残して死体になって…。
誰が、どうやって、なぜ? 疑問が渦巻く不可能殺人の真相は?!

堂々本格ミステリーではありませんか。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

更衣の鷹 居眠り磐音 江戸双紙 31&32
h32.jpg

いわずと知れた、
時代小説のエンターテイナー、佐伯泰英さんの人気シリーズ。

今はすでに第33巻『孤愁ノ春(こしゅうのはる)』てのが
新刊として本屋さんには並んでるハズなんですが、

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

女子高生小説2連発「リテイク・シックスティーン」「終点のあの子」
リテイク&あの子


豊島ミホさんは大切にしている作家の一人。
2002年、「女による女のためのR-18文学賞」受賞の「青空チェリー」を読んだ時から、
大事に見守ってきたという気がします(保護者づら)。

柚木麻子さんは連作短編集「終点のあの子」の中の
「フォーゲットミー、ノットブルー」で第88回オール讀物新人賞を獲得した人です。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

憑神
51MurmIh.jpg

浅田次郎作品は、
1990年代半ばに読みふけったものの、

その後しだいに離れてたんですけどね。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

最後でちょっと涙、吉田修一の連作短編集「日曜日たち」
日曜日たち

図書館でなんとなく手に取って、
もしかしたら前に読んだかもと思いながら読み進み、
ちょっと涙ぐんで最後のページをめくりました。

う~ん、やっぱり2度目かも。
でも、ま、いいんです。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

W杯、ツール、ああ忙しい、「エデン」
eden

近藤史恵著「サクリファイス」の続編です。
主人公白石誓(チカ)はスペインのチームを経て、
フランスのチームの一員としてツール・ド・フランスに挑みます。

とは言っても、あくまでチームの勝利のためにエースを「アシスト」する役割。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

前半超最低、後半ほっこり「日本のセックス」
nihonnosex

電車の中でおぢさんが読む「夕刊フジ」の後ろの方のエロ小説みたいと思いながら、
興味本位で読み始めましたが、だんだん読むのが嫌になり、
前半はひたすらガマンの読書が続きます。
壁に投げつけたくなっても、指でつまんで汚物入れに捨てたくなっても、ガマンしましょう。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

最高のイケメンじいちゃん「オシムの伝言」。
オシムの伝言

はい。私にとっては最高のイケメンです、オシムさん。

正直言って、日本代表監督イビチャ・オシムに対する気持ちは複雑でした。
ジェフサポとしては、監督を「オシムって言っちゃったね」川淵Cに強奪された、という思いが拭えませんでしたから。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

1Q84 BOOK 3
1Q

1Q84について書くのは勇気が要るなあ。

この本の書評は山ほどWebにUPされてると思うので
それに負けじと肩肘張っても仕方がないし、
思い迷ったことを正直に書くことにします。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学