♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
W杯だけがサッカーじゃない「アンチ・ドロップアウト」
アンチ・ドロップアウト

「Jリーガーという名の一年契約」というキャッチコピーのこの本は
財前宣之、石川直宏、小澤英明、阿部祐太朗、廣山望、佐藤由紀彦、
金古聖司、藤田俊哉、茂庭照幸、李忠成へのインタビューをまとめたもの。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

桐島、部活やめるってよ
ki

ちょっと前に読んだ本ですが。第22回小説すばる新人賞受賞作です。

昨日、電車で見た「週刊文春」の中吊り広告に、
「鳩山、県外移設やめるってよ」
という吹き出しがあるのに気づいて、

それはこの本のタイトルの「もじり」なんだろうか、
てことは、そんなにこの本は売れているのだろうか、と。
 

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

納棺夫日記
の

映画「おくりびと」の元になった本です。
「おくりびと」は観てませんが、
読んでみたいと思っていた本でした。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

あの日に帰ってやり直し小説「リライブ」
リライブ

死の間際、獏が現れて言います。「あなたの思い出と引き換えに、
人生の戻りたい選択の瞬間からやり直しができるようにしてあげましょう」。
この手の話は多いですよね。
人は皆、「あ~、あのとき違う選択をしていたら…」と思いながら生きて行く生き物なんでしょう。

この本には7つのやり直し物語が収載されていますが、
二段落ち構造になっていたりして、
思い込んでいたのとは違う展開に、思わず最初に戻って読み返したりしてしまいます。

「東京バンドワゴン」シリーズがヒット中の小路幸也さん。
初めて読みました(実はバンドワゴンは途中で挫折)。
ファンタジーっぽいエンターテイメントな仕上がりの中に、
冷徹なリアリストの視線を感じさせる、一筋縄ではいかない作家だという印象を持ちました。

リライブリライブ
(2009/12/22)
小路 幸也

商品詳細を見る


ブックオフオンライン


テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「あの子の考えることは変」
あの子の考えることは変

高井戸でルームシェアしている23歳の女子2人、巡谷(めぐりや)と日田(にった)の物語です。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

チェイス ~国税査察官
先ほど最終回を見終わりました。

ヤられました。
すごく秀逸な、見ごたえあるドラマでした。


続きを読む

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

すてきなじいさんが登場、「黒い犬」。
黒い犬

「黒い犬」というのは、イギリスでは「ふさぎの虫」というような意味があるそうです。
背中に黒い犬をへばりつかせている=心が不安定で落ち込んでる、という感じ。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「若者奴隷」時代 “若肉老食(パラサイトシルバー)”社会の到来
w

「マンガ嫌韓流」で物議をかもした、山野車輪さんです。
いやもう、↑の表紙絵にすべてが凝縮されています。
このとおりの内容の、社会派マンガです。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「ぜんぜんたいへんじゃないです。」
asakura1.jpg

2009年は「朝倉かすみ年」でした、私。
「肝、焼ける」ではまり、「田村はまだか」「ともしびマーケット」「ロコモーション」と、連読。
「感応連鎖」は図書館に予約中です。

実は作家のエッセイというのが、苦手です。
小説を読みながら、勝手にイメージをつくっているので、
「生作家」に触れると、「ありゃ」と思うことが多いから。

朝倉かすみは「ずっと独身で、ものを書いて生計を立てている人」だと思っていました。
ところが、かすみさんたら、しっかり生活費を稼いでくれて、
邪魔にならず、ねたにはなるすてきなパートナーがいたのです。
「ありゃ」であり、「うらやま」であり、「おいおい」であります。


これから彼女の作品を読むときの心構えがちょっと変わりました。
とは言っても、
何も特別なことはない日常から、意外なおもしろエキスを抽出し、
おいしく料理してくれる腕前は
腐っても(ぜんぜん腐ってないって)朝倉かすみ!
と思わされたエッセイでした。

ぜんぜんたいへんじゃないです。ぜんぜんたいへんじゃないです。
(2010/03/19)
朝倉 かすみ

商品詳細を見る


ブックオフオンライン


テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

狂人の部屋/ポール・アルテ(著) 平岡 敦(訳)
Kyo

2003年に読んだ、日本でのデビュー作「第四の扉」が、その年の
「このミス」なんかでランキング入りしたっけな~。
その後シリーズ化された作品のひとつです。

続きを読む

テーマ:オススメ本 - ジャンル:小説・文学