♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
秋山謙一郎『友達以上、不倫未満』(朝日新聞出版、2017年)
tomoド

「セカンド・パートナー」って知ってますか? 「セカンド・オピニオン」とか「セカンド・ラブ」、「2番、セカンド、土井、背番号6」は知っている人も多いでしょうが、今回取り上げたのは、そんな今流行(?)の現象について書かれた一冊です。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

黒川創『岩場の上から』(新潮社、2017年)


物語は、戦後100年(つまり2045年)の日本、関東平野の北端部にある架空の町、院加(いんか)の駅に、17歳の少年が降り立つところから始まります。この時代、自衛隊は軍隊となっていて、「積極的平和維持活動」の名目で、アフリカや東南アジアで実質的な「戦争」をしているのです。この院加の町外れには広大な陸軍演習場があり、その拡張工事のドサクサに紛れて、何と使用済み核燃料を地下深く埋めてしまおうとする計画も進んでいるらしいのです。霞が関の首相官邸の官邸地下室には、総統と呼ばれる元首相夫妻(今の首相夫妻にソックリ)が住んでいて、いまだ権力を握り政治に関与しているらしい……怖い世の中ですね。

怖いと言えば、作中、こんなセリフがあります。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

橘川幸夫『ロッキング・オンの時代』(晶文社、2016年)


冒頭のっけから個人的な話で恐縮です。

それはインターネットなんて想像もできなかった頃のこと。今では自分の意見や感想、創作などを不特定多数の受け手に向かって伝えるツールとして、ブログやホームページ、あるいはお手軽なツイッターやフェイスブックなんかがあるけれど、投稿が唯一の手段だった頃のこと。日記に書き連ねてもそれは自己満足に過ぎず、せっせと深夜放送や雑誌に投稿し、放送されたり掲載されたりすることで一喜一憂していた頃のこと。でも何となく物足りなく感じ始めていた頃のこと。――そんなある日、天啓が降りた。「そうだ、自分で雑誌を作っちゃおう!」
 
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

垣根涼介『室町無頼』(新潮社、2016年)


こういう小説を待っていた。

舞台は応仁の乱前夜の京都。洛中に流れ着く、飢饉で土地を離れた農民、扶持を失った牢人。幕府とは名ばかりの、衰退化の一途をたどる足利政権では、とてもじゃないが治安維持もままならない。町を仕切るのは、寺社お抱えの僧兵と、金貸し業者、そして傭兵まがいの私兵軍団。天下統一をめざし、全国で戦国大名が群雄割拠する時代は、まだ先の話。こうした、日本史上最も物語になりにくい時代を舞台に、よくぞのエンタテインメント! 

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

柳澤健『1974年のサマークリスマス』(集英社、2016年)


今でもはっきりと覚えています。

1974年8月25日、第一回目のサマークリスマス当日。ぼくは19歳の大学1年生。近づいている台風の影響で風雨強まる中、急遽、代々木公園から移動したTBSのスタジオのむせ返るような人いきれと熱気。ジーンズをちょん切ったホットパンツから伸びたユーミンの長い脚。石川セリの気だるい歌声。妖艶な中川梨絵。おなじみパーカー姿の林美雄。そして、その場に集まった名前も知らない仲間たちとの連帯感。同じ時代を生きたぼくとぼくらと彼女たちのつかの間の祝祭……。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学