♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
■幻の女〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)


最高。シンデレラを探せ♪( ´▽`)パンプキンの形をしたパンプキン色の帽子を「かぶりこなしている」女をナンパして遊んで帰宅したら妻が殺されていて、逮捕されたスコット・ヘンダースンがアリバイ証明のため女を探したら、皆が「あなたは1人でした」と言う。小説らしくない心象が少なく外見と言動で描かれる人の描写を「かぶりこなして」印象に残る物語でした。刑事バージェスが刑務所のヘンダースンを訪ねて言う、P119「現実ってああいうものじゃないのかって」という言葉をこの物語の象徴のように感じました。読書会の先生先輩に感謝
読了日:05月11日 著者:ウイリアム アイリッシュ,William Irish

☆ken_sakuraの2018年5月の読書メーター → コチラ
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1806ページ

その他の本は↓

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

■喜びは悲しみのあとに (幻冬舎アウトロー文庫)
3,200_

良かった。本の題名が体を表す18篇のノンフィクション。「友がみな我よりえらく見える日は」が良かったこと。脇役に描かれた障害児が強い印象を残した「時には懺悔を」の著者打海文三が、障害児であった我が子を語る「小さな喜びを糧に」を目当てに手に取った。期待に違わず淡々ととても良かった。「なんというかな、将来のことを考えては今日は生きられないってことなんです」と打海文三の言葉が印象的。他、ブロンクス生まれのウェイター、タイムマシーンに乗って、復讐のマウンド、子殺し、我にはたらく仕事あれ、会社がなくなった、が良かった
読了日:04月13日 著者:上原 隆

☆ken_sakuraの2018年4月の読書メーター → コチラ
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1909ページ

その他の本はコチラ
  ↓

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

■新装版 青葉繁れる (文春文庫)
aobaド

良かった。東大生になって女子高生を押し倒す、朝の未来妄想で始まる男子高校青春小説。舞台は仙台一高三年六組。主な登場人物は主人公の稔、デコ、ユッヘ、ジャナリに東京からの転校生俊介の五人。近所の女子高の女の子達とお友達(押し倒したい)になりたい日々♪( ´▽`)数十年を隔てて、笑っちゃうほど自分の頃と変わらない。1ミリも進歩なし( ´ ▽ ` )ノ大人は?今の自分を申し訳なく思った。ラストのひろ子にチョロ松は居なかった。大過なく生きるのは大変だ。熟慮断行、そう思う。おもしろ本棚の先生に薦めて頂いた本、感謝
読了日:03月24日 著者:井上 ひさし

☆ken_sakuraの2018年3月の読書メーター → コチラ
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2069ページ

その他の本は↓
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

■深夜プラス1〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)



とても面白かった。物語の雰囲気、語り口、最初から最後までずっと愉しかった。第二次世界大戦から15年後4月のパリ。主人公は呑んだ方が快調なドライバーのルイス・ケイン。元特殊作戦執行部員、コードネームはキャントン。組むのはアル中、呑むと役立たずになるガンマン、ハーヴィー・ラヴェル。弁護士アンリの依頼で富豪マガンハルトと秘書ヘレンをフランスからリヒテンシュタインへ運ぶ物語。息をつかせぬ。男の子から元男の子までみんなが好きになりそうな、もう言うことなしでした♪( ´▽`)薦めて頂いたおもしろ本棚の先生先輩に感謝
読了日:02月09日 著者:ギャビン・ライアル

☆ken_sakuraの2018年2月の読書メーター → コチラ
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1754ページ

その他の本は↓

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

■新装版 雪明かり (講談社文庫)


とても良かった。豪華ではないけどご馳走(^。^)色調は暗め。通して、揺れる不確かな人の心の有り様心の在り処に、確かさを感じる八編の短編集。潮田伝五郎置文、穴熊、冤罪、雪明かりが好き。心の在り処「恐喝」難しい「入墨」登場人物全ての心がすれ違った「潮田伝五郎置文」にハチクロと宮本輝の青が散るを思い出した。男女の終わり「穴熊」理不尽と穏やかな情が交錯する「冤罪」分かれ道を堕ちていく「暁のひかり」見かけと心の有り様「遠方より来る」養子に出された兄と生家に残った血の繋がりのない妹に流れる好意を描いた「雪明かり」
読了日:01月05日 著者:藤沢 周平

☆ken_sakuraの2018年1月の読書メーター → コチラ
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1601ページ

その他の本は↓
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学