♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
芥川賞作品『おらおらでひとりいぐも』。
oraora.jpg
若竹 千佐子 著 河出書房新社


年齢が近いんです、この作者。
63歳でいきなり文藝賞や芥川賞を受賞して
今やちょっと話題の人。

女一人の「老い」を描いたと言われれば、
読みたくなるでしょ、同年代。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

■新装版 雪明かり (講談社文庫)


とても良かった。豪華ではないけどご馳走(^。^)色調は暗め。通して、揺れる不確かな人の心の有り様心の在り処に、確かさを感じる八編の短編集。潮田伝五郎置文、穴熊、冤罪、雪明かりが好き。心の在り処「恐喝」難しい「入墨」登場人物全ての心がすれ違った「潮田伝五郎置文」にハチクロと宮本輝の青が散るを思い出した。男女の終わり「穴熊」理不尽と穏やかな情が交錯する「冤罪」分かれ道を堕ちていく「暁のひかり」見かけと心の有り様「遠方より来る」養子に出された兄と生家に残った血の繋がりのない妹に流れる好意を描いた「雪明かり」
読了日:01月05日 著者:藤沢 周平

☆ken_sakuraの2017年12月の読書メーター → コチラ
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1601ページ

その他の本は↓
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

心が震えた『屋根裏の仏さま』。
hotoke.jpg
ジュリー・オオツカ 著 岩本正恵 小竹由美子 訳
新潮クレスト


「20世紀初頭、写真だけを頼りに、アメリカに嫁いでいった日本の女たち。
一人ひとりの囁きが圧倒的な声となってたちあがる美しい中編小説」
と裏表紙に説明があります。

その通りの内容です。
何人も何人もの「写真花嫁」が登場します。
本文はすべて一人称複数で語られます。
わたしたちは写真で見た男性を好きになれるかしら、愛せるかしら、
波止場で見た時に写真の人だとわかるかしら、という期待を不安に揺れながら
ほとんどが初めての船で長い旅をしてアメリカに渡ります。





続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

■シャドー81 (ハヤカワ文庫NV)
syado81ド

面白かった(^_^)1977年ベトナム戦争末期、戦闘機による外からの航空機ハイジャック、身代金は10トンの金の延棒(時価60億ドル)とあらすじに心が踊る物語\( ?o? )/準備から周到で本当に出来そうに思えることが面白い。一方で、緻密さが派手な内容を割り引いてしまっている感じがあった。もう一人の共犯者は分かっていなかったけど、分かった時に余りびっくり出来なかったのが残念。おもしろ本棚の先生先輩にお薦め頂いた本、感謝(^_^)
読了日:12月30日 著者:ルシアン ネイハム

☆ken_sakuraの2017年12月の読書メーター → コチラ
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:2246ページ

その他の本は↓
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

■オン・ボクシング
onbード


良かった(^_^)雑誌numberで取り上げられていて、文庫化待ちを断念して読んだ(^◇^;)ボクシングが好きで有ることが長い観戦歴と共に穏やかに表わされていること。ボクシングを嫌う人に対して攻撃的でないこと。良いもの読んだ気になれた。書かれている内容、取り上げられているボクサーは古く、新しい部分に関しても知らないわからないことが多かったけれど、人が好きなことについて話しているのを聞く楽しさがあった。二編。本編オンボクシングとマイクタイソンの破滅を予言するような短編キッドダイナマイト。
読了日:11月25日 著者:ジョイス・キャロル・オーツ

☆ken_sakuraの2017年11月の読書メーター → コチラ
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:2269ページ

その他の本は↓


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学