FC2ブログ
♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

リンク

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
朝倉かすみ『平場の月』(光文社、2019年)
203,200_

というわけで、次は今年読んだ本のうちのフィクション部門第一位。

精密検査で総合病院を訪れた青砥(男)は、売店で働く須藤(女)と再開する。二人は50歳に手が届く、中学校の同級生。卒業後、世の中はバブルとその崩壊、長い不況と変転し、二人の生活も結婚、離婚とかなんだかんだあって、「まぁ、しょうがないや」的に地元に戻っていた二人。そんな二人が再開し、お互いを「青砥」、「須藤」と気軽に呼び合う関係が始まる。
続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

ブレィディみかこ『女たちのテロル』(岩波書店、2019年)


今年読んだ本のうち、ノンフィクション部門第一位。

扉裏に、「百年前の彼女たちから、百年後を生きるあなたへ」とあるように、今からおよそ百年前、日本とイギリスでみずからの思いを実現するために戦い続け、志半ばで死んでいった三人の〈女たち〉――アイルランド独立運動の闘士で凄腕のスナイパー、マーガレット・スキニダー、武闘派女性参政権運動家、マッド・エミリーことエミリー・デイヴィソン、そして、アナキスト金子文子の「物語」。
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

山本多津也『読書会入門』(幻冬舎、2019年)


図書館で書名を見て思わず借りてしまいました。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

今村翔吾『八本目の槍』(新潮社、2019年)


世に名高い「賤ヶ岳の七本槍」――羽柴秀吉の小姓組に属する虎之助、助右衛門、甚内、助作、孫六、権平、市松の7人。のち、ある者は戦場に散り、ある者は大名となり、またある者は家老職に付くなど、歴史に名を残した7人。本書は、彼らそれぞれのエピソードを描く連作集。


続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

LGBT小説なのかな?『トランペット』。
trumpet.jpg
ジャッキー・ケイ 著 中村和恵 訳 岩波書店

図書館で借りたので、帯はついていませんでしたが、
「おれの父さんはあなたの娘だったんです」
というキャッチコピーだったそうです。

有名なジャズトランペターであるジョス・ムーディの死から
物語は始まります。
その死亡診断書、埋葬許可書などから明らかになったのは、
ジョスが女性だったということ。
マスコミは大騒ぎになり、
妻ミリーと息子のコールマンは単なる家族の死以上の
混乱と喪失感に翻弄されます。

続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学